保育の特色

 保育士が運営しているため、愛情と専門性をもった優しい保育園です。また、本園では相談援助の高い技術と社会福祉を幅広く学んだ社会福祉士資格を有する保育士が専門的な観点から適切に対応していきます。

保育理念

・私たちは、全ての人を大切にします。

・家庭料理を通して、強い心と体の子どもを育てます。

・感謝する心、思いやりのある子どもを育てます。

・子どもの最善最良の利益を追求し、安心できる保育環境と学びの喜びを感じる教育環境を提供します。

保育方針

・保育指針を遵守し、愛情あふれる保育を行っていきます。
・これからの未来を生きる子どもたちに、「よりよく生きるための基礎」を育んでいきます。

保育目標

・子どもを取り巻く人々とのネットワークを形成し、安心できる環境を整えていきます。

・家庭料理を美味しく食べることによって、健康な生活の基本としての「食を育む力」を育成し、その基礎を培っていきます。

・たくさんの人との関わりの中で、人に対する愛情と感謝する心を育てていきます。

・子どもの最善の利益を考慮し、安全で健康的な環境のもと、様々な体験を通して、豊かな感性と創造性の芽生えを培っていきます。

運営方針

・当園は、良質な水準かつ適切な内容の保育の提供を行うことにより、全ての子どもが健やかに成長するために適切な環境が等しく確保されることを目指します。

・保育の提供にあたっては、子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進するため、利用子どもの意思及び人格を尊重して保育を提供するよう努めます。

・当園は、利用子どもの属する家庭及び地域との結び付きを重視した運営を行うとともにその支援を行い、都道府県、市区町村、小学校、他の特定教育・保育施設等、地域子ども・子育て支援事業を行う者、他の児童福祉施設その他の学校又は保健医療サービス若しくは福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めます。

緊急時における対応

 保育中に子どもの健康状態の急変、その他緊急事態が生じた場合は、保護者の方が予め指定した緊急連絡先に連絡します。保護者と連絡が取れない場合は、乳幼児の安全性を優先させ、当園が責任をもって、しかるべき対処を行いますので、予めご了承願います。

非常災害時の対策

 非常災害時の関係機関への通報及び連携体制を整備し、それらを定期的に職員に周知するとともに、毎月1回避難訓練その他必要な訓練を実施していきます。災害時には、当園の災害マニュアル(別紙1),(別紙2)に定めた避難場所に避難します。